« 話すコトバはとってもポジティブ 思う脳みそホントはネガティブ | トップページ | 闘う君の歌を 闘わない奴らが笑うだろう »

2013-09-01

山積みの現実 ギリギリの情熱

ドラマだったら、ここは勝ってる所よ!!

2013 J1リーグ 24節

ジュビロ磐田 1-1 ヴァンフォーレ甲府

現実は厳しい、というか本当に残酷で冷酷で情け容赦ないわ。ドラマや漫画だったら、ここからメイクドラマが始まるハズなのに、こともあろうかエンドロールが流れたわよ!。

なーんで、1点を守りきれないかなぁ。ま、この問題はもう5年近く経っても全然改善されないところなんですけどね。何度ロスタイムの失点を見てきたことか。それでいくつ勝ち点を失って来たことか。いい加減まともなDF連れてこい!。

試合終了後は、とうとうゴール裏からGM批判の弾幕が出される始末。分からんでもないが、いまさらジロー冠二郎で、移籍ウインドーは既に閉じられました。よって、現存の選手で戦い抜くしかありません。何かを躊躇ったのか、お金が無いのか、結局補強はカリン一人のみという、極めて危機感希薄な状態。どうやら「新しい血」は、磐田を守ることを放棄したようです。その前に、何故去年から同じ監督を引っ張ったか。それを問い質したい所ですけど。

とりあえず、守る時はボールホルダーにもっと体を寄せるように!。ボールを見失わないように!。簡単にクロスを上げさせないように!。簡単に背後を取られないように!。

しっかし、甲府は本当に11人で守って来たわね・・・。ものっそい狭いスペースで試合してた様な気がするわ。あのガチ守備を掻い潜れる程の技量が磐田に無いのが残念。ホント、普段の練習って何やってんだろ?。関塚さんもたいしたことねーな、なんて言わせないで下さいよ。まあ99.80%は選手達に非があるんですけどね。あそこまで慢心した理由が本当に分からない。よっぽど自信家か、ただのおバカか、はたまた前監督のカリスマが相当だったか・・・。もしそうなら、M氏は職業変えたほうが良い(笑)。

一応選手も「まだ諦めない」みたいなことを言っておりますが、そんなリップサービスは今までも散々聞いて、その度に裏切られてきましたので、「何言ってんの?」感が強いです。今更後悔しても遅い。負けてから分かるんじゃ遅い、ということを身にしみてお分かりになったんじゃないでしょうか。

一年365日のうち、たった34日で自分の人生が決まるんですよ?。それを「次こそ」「今度こそ」と後回しにした結果がコレです。自分のみならず、周りも悲しむ状況をどういう思いで見るのでしょうね。

あと10試合。ガムシャラに勝利を目指す姿勢を見せて頂きたい。他力本願の期待も込めて、奇跡がおこることを祈ります。

磐田を諦めたくない、でも選手は信じられない。そんなジレンマを抱えるワタクシですww。

060903_1142

ジウソンは相変わらずナイスガイだった。甲府でも頑張れ!。

|

« 話すコトバはとってもポジティブ 思う脳みそホントはネガティブ | トップページ | 闘う君の歌を 闘わない奴らが笑うだろう »

ジュビロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 話すコトバはとってもポジティブ 思う脳みそホントはネガティブ | トップページ | 闘う君の歌を 闘わない奴らが笑うだろう »