« 3失点から本気出す | トップページ | 内弁慶ここに極まれり »

2012-05-15

1/3の純情な感情

この間「4連敗だなこりゃ」と全開でキレていたのに、超絶苦手の鹿島さん相手に勝っちゃうとかって何なのよ!しかも3点差とか!無失点とか!!。振り上げた拳をどーしたらいいのよ!商売上がったりだよ!。

2012 J1リーグ公式戦 11節

ジュビロ磐田 3-0 鹿島アントラーズ

まあ、毎年試合やってりゃ、こーゆー時もあるわな。

スコアだけ見ると快勝に見えるけど、実際は一瞬たりとも気の抜けないスリリングな展開ww。さすが鹿島さん、フツーに上手い。キックオフ直後の大ピンチに得点されてたら、多分逆の結果だったと思うわー(っつーか、アレを決めないのかとそっちの方がビックリした)。

チャンスはお互い五分五分。後で録画を見たら、思ったよりも磐田は頑張ってた。中々やるじゃーん、とか言って見てました、呑みながらww。ま、結局はカウンターでサイドからポーン、後ヨロシク~、なんだけど、点が獲れればオッケーよ♪。前ちん、久々のゴールで少しはホッとしたかしらね。ワタクシは、鹿島相手に1点リードなんて無いようなもん、と思ってずっとハラハラしてたわww。

そんなワタクシの苦しい胸の内を解放してくれたのが、松ウララ(←コレ定着したわね)の2点目。アシスト前ちんって、アンタなんでそんな隅っこにいんのよ(笑)と思ったら、ふわん、とゴール前にクロス。そこに長距離移動して来たウララにぴたり。上手くコントロールしてスパッとゴール!ビューティフル!You are buautiful!。いやー、上手かった。

ゴール以外にも、この日のウララはでドリブルで仕掛けて(時々引っかかってww)上手いこと相手を手こずらせておりました。終了間際までアレで行ってたんで、敵は相当イヤだったろうな~。運動量が落ちなかったのも凄いわね。ウララに限らず、磐田の選手は最後まで体力がもっていたように見えたけど。これも厳しい練習の賜物かしらね~。肉離れしない程度に頑張って欲しいところです。あべちゃん・・・( ´・ω・`)。

この時間で2点差なら、(万が一)(うっかり)1失点しても守れるだろー、とちょっと安心していたら、仕上げはキャプテン山田さん。またまたスーパーでイリュージョンなゴールを決めて3点差。まさか決まるとは思っていなかったので(失礼)、決まった瞬間諸手を挙げて立ち上がったら、暑さと驚きの余り立ち眩みがww。あぶねーあぶねー。もうホント、何だろうねこのポエマーは。このひと居なくなったら、磐田どーすんだろ(早くもその心配)。

さすがに3点差になったら不安も消え、残りのロスタイムも落ち着いて見ることが出来ました。結局無失点!で久々の勝利。来場したお子様たちも、さぞかしいい気分で帰路についたことでしょうそうでしょう。あだっちーも楽しんでくれたかしら?。やっぱり子供と美女の前では選手達も頑張っちゃうのね、ウフフ。ぜひ毎試合来てください!。

攻撃もさることながら、守備も今回も(は?)頑張ってました。ビョングク兄さんは、ホント磐田に来てくれてありがとう!だわ~。行くところと行かないところの判断が素晴らしい。んでもって、行ったら一仕事して帰ってくる。セットプレーからのドンピのヘッドは、相手キーパーのナイスな仕事ぶりで得点には繋がらなかったけど、タイミングはバッチリでした。

あと特筆すべきは小林さん。正直彼の良さがワタクシにはまだ良く分からないのだけど(コラ)、以前に比べたら随分前に出てくるようになったわね~。迫力はイマイチだけど、これはいい傾向だと思います。こーすけくんもタイミング良く結構上がって来てたわね。得点にはならなかったけど、こまーにょからの縦のボールにパッと出てきてシュート(そして外れるww)の流れは良かったわ~。あーゆーのを増やしたいわよね。あとは、サイドからグラウンダーのクロス → 前田スルー → 山田受けるもブロックされる → でもボールはペクさんへ → だけどペクさん一瞬遅れてシュート打てず、の流れも良かったわ。ま、点は獲れてないんけどねww。流れが良かったの!。

まだまだ危なっかしい展開もあるけど、それでもこれで一山超えた感じかしら?。やっぱり相手より走って体張ってナンボ、かしらね。目の前の試合を愚直に丁寧に戦って行けば、そのうちいいことがあるんじゃないかなー、多分。

でもまだ気は抜けない。とりあえずは明日のナビスコ。願わくば、ワタクシがまたまたキレて暴言を吐かないような展開を望ム!(笑・・・いごっちゃないww)。

|

« 3失点から本気出す | トップページ | 内弁慶ここに極まれり »

ジュビロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3失点から本気出す | トップページ | 内弁慶ここに極まれり »