« 「共に闘い、共に楽しむ」 | トップページ | DAWN »

2008-12-04

波頭ぎりぎりに飛んでく翼を持っている

「なりふり構わず走る」 意欲十分のジウシーニョ (静岡新聞)

J1磐田は3日、ミニゲームなどでコンディションを高めた。重圧がかかるはずだが、気負いはなくムードは上々。ここまでチーム最多得点のFWジウシーニョは、あらためて最終戦に懸ける意気込みを語った。
 ジウシーニョのゴールは9。大台の10得点に王手がかかるが、「決して満足はしていない。自分がもう少しゴールを決めていれば勝率も良かったはず」と反省の言葉を口にした。しかし、シーズンを振り返っている状況ではないことを指摘すると、「10得点は区切りではあるが、最優先はチームの勝利。今は勝つことだけ。1年の疲れが無いと言えばうそになるが、なりふり構わずピッチの中を走り回り、かき回したい」と全力投球を約束した。
 守備から入る現在の戦い方は、攻撃陣にとっては辛さもある。だが、チーム状況を理解し、「前がうまく動き出せば必ず崩せる」と前田とのコンビで勝利につながるゴールを目指す決意を示した。

ジウさんがいつも頑張ってるのは、みんな知ってる。本当にいつもありがとう。もしジウさんが居なかったら、と思うと・・・ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ ですね。

あともう一試合、頑張って!。

とりあえず、練習の雰囲気がいいのはいいことです。ちょっと安心。きっとみんな、万端の準備をして最終節に臨んでくれることでしょう。ワタクシも万全の準備をして、スタジアムへ向かいたいと思います。

最後に笑うのは、ジュビロ磐田よーん♪。

緊張感ねーなww。

|

« 「共に闘い、共に楽しむ」 | トップページ | DAWN »

ジュビロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「共に闘い、共に楽しむ」 | トップページ | DAWN »