« 決戦は水曜日 | トップページ | 大政奉還 »

2008-08-28

「毎度毎度ビビッて膝抱えてもしょうがないんだよ毎日は」

まずは。

内山篤監督 解任のお知らせ

やっぱり来ましたか。

今の成績を考えたら、致し方ないのかもしれない。理想と現実のギャップが大きすぎた。監督やフロントが考えていた程、選手の質は高くなかったのかもしれない。選手層の薄さ、貧弱さも、采配に微妙に左右したであろう。が、「続けていけば良くなる」という期間はとっくに過ぎてしまい、マジでケツに火が付いた状態。志半ばで去らなければならない無念さは察して余りあるが、「昔のジュビロ」と言っていた時点で、既に不安を感じていたのも偽らざる本音でした。

とりあえず、

内山監督、本当に色々大変だったでしょうけど、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

選手も猛省するように!。自分達のせいで首を切られた人がいるんだぜ。プライドと言うことだけはいっちょ前で、やることはプロ未満じゃお話にならない。

 

で、2008 J1 第23節。

ジュビロ磐田 0-0 ジェフユナイテッド千葉 おっしーの浴衣姿は反則だろ!?の夏

気合が空回り。浮き足立ってる感がよーく感じ取れました。まあ、無理も無い。ここまで危機感を煽られながらの試合は、多分今まで経験したことが無いだろうからな(ちゃーさんとこまーにょは別ww)。

あせりすぎて、意思の疎通もバラバラ。ジウさんの無理な突破が唯一の救い。このまま自滅か!?と思ったら、相手が相手なだけに、ぎりぎりのところで辛うじてセーフ。さすが下位のチーム同士、という内容と展開に、もう怖くて見ていられなかったチキンなワタクシを許して。最終手段で、とうとうゴンちゃん&ナナミ様を投入。何とかなるか?何とかして!の祈りも空しくスコアレスドロー。やっぱり相手の必死なだけに、簡単に勝たせてはくれません。当然か。

今回は監督を責められないでしょう。取るべき人達が外しすぎた。特に前田は、シュートは外すわボールは奪われるわ収まらないわ絶不調で、軽い眩暈のあと怪我の影響を心配してしまった。まあ、そーゆー時もあるよな・・・。

明けない夜はない。思い煩うな。忍耐。

新聞の占い欄に載っていた言葉なんだけど、なぜか心に残っている。今は本当にそーゆー気持ち。次こそやってくれるんじゃないか、そう信じて応援していきたいと思う。例えプロ未満でも(笑)。

今度はちゃんと、ワタシの声を、選手を鼓舞するために使おう。

最悪のことなんて考えないわよ。

|

« 決戦は水曜日 | トップページ | 大政奉還 »

ジュビロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦は水曜日 | トップページ | 大政奉還 »