« 誰もいない星空の下 静かに眺めて | トップページ | てきゅーろ! »

2008-06-27

闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう

またどきどきする時間が始まる。

たかが90分、されど90分。

だけど、90分後には、笑っていたい。ばかみたいに名前を呼んで。泣いちゃうくらいに感謝して。

時代も変わり、メンバーも変わり、やっているサッカーも、立ち位置も変わったけれど。

変わらないサックスブルーを纏い、少しだけ大きすぎる歴史をちょっとづつ背負いながら、新しい「ジュビロ磐田」として、全力で闘っている(ハズ)の選手たちが。

やっぱり、頼もしくて、大好きだ。

ああ、なんて吟遊詩人なオレ(自画自賛)。

洋平さん、ありがとうございました

前ちんは、おとなしくしていなさい(笑)。コドモじゃないんだからww。

さー、勝ちに行こー!!。

|

« 誰もいない星空の下 静かに眺めて | トップページ | てきゅーろ! »

ジュビロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰もいない星空の下 静かに眺めて | トップページ | てきゅーろ! »