« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007-01-30

2007年の始まり始まり~

昨日の話で恐縮ですが、久々に大久保へ練習見学に行ってきました。
平日のせいか見学者もちょっと少なめ(まさか例の騒動が原因ではあるまい・・・と思いたい)。寒空の下、練習開始をぼんやりと待っていると、周りから聞こえてくるのは、悲しいかな、これでもか!という位のネガチヴトーキング。余計寒くなるからやめてください(^_^;)。ファンならもう少しチームを信用してやれよぅ・・・と心の中で一人憤慨しているところに、警備員さんから更なるネガチヴな一言が。

「今日はもう屋外トレーニングは無い、かもしれません

曰く、「午後は室内で筋トレの為、選手は屋外には出てこないかも」とのこと。何だとー!!。

返せオレの有給休暇!(知らんっつーの)と軽いショックを受けつつ、いやでも「無いかも」だから「あるかも」と訳の分からん理由をつけて待ち続けること約1時間半弱(だと思う)。座りっぱなしで尻も痛くなった頃に・・・。

選手出てきたー!!。

焦らされた分、色めきたつ見学者席。もちろん私も例外ではない。うひゃー!選手居るよー!みんな居るー!(←当然ながら except F西なワケですが)。双眼鏡片手にがぶりよって、あやしい人全開です。

選手はそのまま4~5人のグループに分かれて軽いランニング。それだけ、いやホントそれだけ(笑)。30分位ぽてぽて走ってストレッチして終了。引き上げは早かった・・・(笑)。
もしかしたら、ファンサの一環で出てきてくれたのかな、と思うとちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。
疲れてるのにごめんね。どうもありがとう。

まあ、あっちゅー間でしたけど、久々に選手たちの姿が見られたし、クラハから楽しそうな笑い声が聞こえてちょっと安心できたし、新入団選手も見られたしで、粘り勝ちの練習見学でした。

しかし噂には聞いてたけど、ホントに今年の子はちっちゃい!。来てくれてありがとう。 寸前にゴタゴタして(笑)、ちょっと不安になっちゃったかもしれないけど、このチームに愛情と愛着を持ってくれるといいなぁ、と思います。

ようこそジュビロ磐田へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-25

ユメミルショウジョジャイラレナイ

今更ですが明けましておめでとうございます。“にお”改め“ヲルノ”と申します。ついでにタイトルも変えてみました。まあ、どうでもいいですね。

今年初めての更新が、この話題から始まるというのは、本当に残念で悲しいことです。

福西選手、FC東京へ完全移籍。

このニュースを知ってから、昨日まで殆ど仕事が手につきませんでした。魂がどこか別の場所へ行ってしまって、考えただけで涙が・・・。

これについては、様々なところで色々な感情が飛び交っていましたね。フロント批判、これはもう当然です。ジュビロ史に残る大失態でしょう。この罪は重いですよ、本当に。一度きっちり説明をして頂きたい位です。社長のあんな金太郎あめチックなコメントで納得できるかっつーの!。

しかし一方では、余りの展開の早さと手際の良さに、ちょっと胡散臭さを感じるところがあるのもまた事実。

そしてこの騒動が、残された選手たちにどのように影響するか。これが一番心配です。選手たちの不安を考えると、それだけでまた涙が・・・。サッカーに集中させてあげたいのに、フロントがアホなばっかりに・・・!と思うとまた激しい憤りが。くそう!。

でも、泣いてもわめいても縋っても、もう帰ってきてはくれません。あとの祭りです。盗られちゃいました~ぁ、かわいいあの子は♪(倉橋ヨエコ)。

これで、あの黄金時代を築いた中盤の人間は、ほぼいなくなりました。“夢から醒めた”という感じです。この騒動で、自分がいかにあの古き良き時代を引きずっていたか、というのが分かりました。あの強かった時の夢をまだ見ていたんですね。でも、ようやく起きられたみたいです。遅いっつーの。

だから、今いる若い選手たちは、もう思うまま自由にやって欲しい。あなた達のジュビロ磐田を作り上げて欲しい。本当にそう思います。迷ったり困ったりしたら、自分の事と同じくらいチームの事を考えてくれた、頼もしくてちょっとキレやすい(笑)先輩もいるじゃん!。だから自信を持って、臆することなく進んで行って欲しいなぁ、と思います。

んでもって、福西選手。12年間本当にありがとうございました。やっかいな人を敵に回した感バリバリですが、多分負けません(嘘)。

お元気で、さようなら。

しかし、今年に入ってまだ25日しか経ってないというのに、すでにカレンダーから2人(ジンとフク)も居ないってどーゆー事よ(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »