« 吹っ飛ぶセンチメンタリズム | トップページ | We're playing for England♪ »

2006-06-14

強い者が勝つのか、勝った者が強いのか。

改めてフットボールの怖さと根本的な事を思い知った気がする敗戦から2日。
例え85分押され気味でも、ラスト5分で点を決めれば、内容はどうあれ“勝ち”なんだな~とか、追加点って本当に大切なんだな~とか、オージーの選手の試合給は、時給じゃなくて分給だな~とか、色々考えてしまった試合でした。

本当に恐ろしいスポーツだわ、フットボールは。

|

« 吹っ飛ぶセンチメンタリズム | トップページ | We're playing for England♪ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強い者が勝つのか、勝った者が強いのか。:

« 吹っ飛ぶセンチメンタリズム | トップページ | We're playing for England♪ »